HOME»  こだわりの八街産落花生»  「ひろしまや」落花生へのこだわり

「ひろしまや」落花生へのこだわり

八街市優良特産落花生推奨協議会

当社の落花生(千葉半立種)は
「八街市優良特産落花生推奨協議会」の認定をいただいています。
推奨協議会の会長は現・八街市長の北村新司氏。

厳格な審査に合格した、
優良な業者のみが認定されます。

現在八街市では23の業者が認定されております。

落花生育成風景

契約の生産農家から、直接買い付けるため
栽培の段階から風味豊かな落花生が育成されるよう管理されます。

八街市の落花生は、数多い品種の中から良質で味の良い品種を選び、熟練した栽培技術によって「味」「香り」「こく」「歯ざわり」を追及した国内で最大規模の収穫量を誇る産地ブランドです。

落花生の花

落花生の苗は7~8月ころに可憐な花を咲かせます。
やがてこの花の先(子房柄)が地中に潜り
サヤとなり実を結びます。これが落花生です。

花が落ちて実が生まれるところから「落花生」の名がつけられました。

掘り起こした落花生

種まきから、およそ120日で掘り起し、一か月ほど自然乾燥させます。

これで実に油がのるようになり、より甘みがますといわれております。

 

落花生の野積み風景 千葉県の落花生は全国のおよそ75パー生産し
県の特産品としても有名です。
とりわけ「八街産落花生」はその品質、良さが
全国に知られています。
豊かな土壌と温暖な気候が美味しい落花を生み出します。
作業状況 収穫した落花生は、昔ながらの伝統を受け継ぐ手法で
じっくりと焙煎します。
巧みの技ともいえる火加減と、煎り上がりの
タイミングの良さが最高の味を引き出します。
選別作業 仕上げの最後は目視によって厳格に選別されます。
当社の落花生は作り置きしていません。
いつでも煎り立てを発送しております。
工場直送で煎り立てをお届けする!!
これが美味しさの秘訣です。

素煎り落花生の焙煎こちらは、うす皮落花生の焙煎作業の状況です。
180度以上の赤外線で煎り上げます。
煎り上がって、機械から出すタイミングが味に大きく左右されます。